方法を間違えると筋トレではげやすくなる?

筋肉増強のための肉体的なトレーニングには、お馴染みのバーベルや腕立て伏せなどをはじめとして様々な種類や方法があります。しかし、どんな方法であったとしても、筋肉に一定の負荷をかけることによって筋肉量を増やしていくという基本は変わりません。

そんな筋トレですが、やると禿げやすくなってしまうことはあるのでしょうか。その答えは、半分はノーですが半分はイエスです。

もう少し詳しく言うと、適度な筋トレなら禿げやすくなることは特にありませんが、やり方を間違えると確かに禿げやすくなることはあると言えます。そのような間違った筋トレとは、過剰なストレスを感じるような筋トレのことです。

筋トレとは、やれば間違いなく筋肉や肉体に負荷がかかります。また、疲れや筋肉痛などから、精神的にも負荷がかかることがあります。それが適度であれば何の問題もありません。しかし、その負荷も限度を超えて大きくなるとストレスを生じるようになります。

そのストレスによって禿げやすくなってしまう可能性は十分にあるということです。禿に限らず、ストレスは万病の元です。筋トレに励むあまり大きなストレスを感じても我慢して筋トレを継続するなら、それは本人自身に必ず何らかの悪影響を及ぼすようになります。

その悪影響が頭髪や頭皮、毛根などに及んでしまうことは、あっても全く不思議ではありません。それゆえ筋トレは、適度にやるようにするのが賢明です。長時間やり過ぎるのはいけませんし、たとえ短時間でも一気に巨大な負荷をかけるような過激な方法もいけません。

そのような誤った筋トレは、肉体的にも精神的にも大きなストレスとなってしまう危険大です。もちろん筋トレである以上、多少のストレスは仕方がありません。しかし、あくまでも多少の範囲内に抑えておくべきだということです。

また、「筋トレをすると禿げてしまうのではないか」などという不安な気持ちを抱くこともまた、余計なストレスになります。そんなストレスもまた、禿げやすくなってしまう原因の一つになり得ると考えて間違いないでしょう。